クリニック・歯科クリニックのための法律相談

弁護士による
電話相談無料
フリーダイアル0120-001-694 受付時間/毎日9:00〜20:00 定休日/なし

事業承継・M&Aについて

Succession, M&A

事業承継は早期の対応が重要

事業承継は早期の対応が重要中小企業の多くが直面している問題、跡継ぎ問題ですが、病院や医療法人も同様に、跡継ぎ問題も深刻です。
一般企業における共通の問題点以外に、病院・医療法人の経営には、経営を考えられる意思と能力を持った人で、かつ、医師免許を持っていないといけません。経営と所有を分離し、理事長に医師免許をもった人を置き、経営は他の人が見るということも可能ですが、後々問題が起きかねませんし、大きな医療法人であれば、問題ないのかもしれませんが、中小においては、そんなわけにもいきません。息子や娘がいるのだけれど、医師免許を取得できなかった、そもそも他の道にすすんだというケースもあります。

そうなると、自分の引退と共に廃業するか、後継者を院内外から探してくるか、他の医療法人とのM&Aも検討しなければなりません。
事業承継を進めるときには、まずは誰に承継させるのか、どういったスキームをとるのか、選択する必要があります。すぐに後継者が見つかることは少なく、仮に見つかったとしても、継がせるための準備にある程度の時間が必要です。

廃業、事業継承、いずれをするにしても、ある程度の時間が必要で、早くからの対策が重要となります。円滑な廃業・事業承継を行うためにも、早めに専門の弁護士にご相談ください。

円滑な事業承継をご提案

医療機関の関係書類は膨大になることも多く、医療法・定款の規定を考慮した医療法における権限の承継など、限られた時間で、煩雑な事務処理が必要となります。
また、承継後の経営体制の整備や借入金・債権などの争族に関する予防など多くの問題の処理も必要です。
後継者が円滑な経営をスタートできるよう、弁護士にご相談いただけましたら、現在の経営者が健在なうちから計画的に事業承継を進め、スムーズに次の世代へと受け継がせることができます。

病院は地域住民にとっても必要ですし、命懸けで運営してきた病院を廃業してしまうのはもったいない、事業承継によって、引退後の生活資金を用意することも可能です。せっかくの病院を廃院へと追い込むことなく、将来に活かすことは大切なことです。

跡継ぎがいない、跡継ぎとなる人はいるが不安がある、廃業したいとお悩みの方は、お早めに弁護士法人あい湖法律事務所までご相談下さい。

事業承継・M&Aに関する料金はこちら

ご予約いただければ、
夜間・土日・祝日の
ご相談も承ります!

コンサルジュ

医師・歯科医の法律問題に詳しい弁護士に安心してご相談ください

弁護士による
電話相談無料
フリーダイアル

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし ※お休みを頂いている場合もございます

メールでの相談ご予約

24時間受付けております

ご予約いただければ、
夜間・土日・祝日の
ご相談も承ります!

コンサルジュ
Topへ