クリニック・歯科クリニックのための法律相談

弁護士による
電話相談無料
フリーダイアル0120-001-694 受付時間/毎日9:00〜20:00 定休日/なし

医療未払い金の回収

Unpaid

医療費の未払いを防ぐために事前対策を

医療費の未払いを防ぐために事前対策を近年では、病院で医療を受けても、お金がないなどの理由で医療費を支払わない患者が増えています。本当に払えない人は一定程度仕方ないともいえるのですが、払おうと思えば払えるが、他の遊興費などの支払いを優先し、払わないという人も多数おられます。また、最初から滞納しようと考えたわけでなく、事後の請求で支払うことが難しいといったケースもあります。また、社会保険料の急増に伴い、自己負担率の引き上げ、健康保険の範囲の見直しがなされることが予想されます。さらに、一回5000万円以上の薬剤の承認手続きがなされていおり、どのように対応するのかを不透明です。

今後、医療費の未払いは大きな社会問題になるのではないか思われます。現在の保険制度で救済がなされる可能性は低いですから、個々のクリニックが対応する必要があります。また、対策が不十分で未払いが嵩むと、クリニック運営に直接影響が及ぶほどの金額になっているところもあります。医療費未払いはクリニックにとっては大きな問題です。そうであるのに、病院自身が未払金回収を行おうとすると多大な労力がかかるので、結局未払いのまま放置してしまっていませんか。

当事務所にご相談頂けましたら、未払い医療費問題が発生しないように事前にとるべき対応策をアドバイスいたします。

未収の医療費の回収策について

医療費未払金が発生したときには、まず、病院名義で請求書を送付します。病院名義での請求書の書式を統一し、支払いを促す文面で送付しましょう。この請求書送付を何度か対応して、未払いが続けば、顧問弁護士にご依頼ください。

相手の状況に応じた対応により回収します。まずは、内容証明郵便等、任意交渉による請求をします。相手が支払いに応じない場合には、少額訴訟、支払い督促、民事調停、民事訴訟、ADRなどの法的手続きを活用して、相手に請求します。最終的には、強制執行(差押え)によって債権回収することも可能です。

未払い治療費には消滅時効がありますから、放置をしておくと請求できなくなってしまいます。したがいまして、早期に対応する必要性があります。

未払い医療費問題について、クリニック内での対応マニュアル・システムを作成し、コストをかけずに円滑に対応し、未払い医療費を防止しましょう。未払いが発生しても、円滑に回収できるシステム作りをお手伝いします。

医療費の未払いにお困りの場合は、是非ともあい湖法律事務所までご相談下さい。

医療未払い金の回収に関する料金はこちら

ご予約いただければ、
夜間・土日・祝日の
ご相談も承ります!

コンサルジュ

医師・歯科医の法律問題に詳しい弁護士に安心してご相談ください

弁護士による
電話相談無料
フリーダイアル

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし ※お休みを頂いている場合もございます

メールでの相談ご予約

24時間受付けております

ご予約いただければ、
夜間・土日・祝日の
ご相談も承ります!

コンサルジュ
Topへ